?

단축키

Prev이전 문서

Next다음 문서

크게 작게 위로 아래로 댓글로 가기 인쇄 첨부
?

단축키

Prev이전 문서

Next다음 문서

크게 작게 위로 아래로 댓글로 가기 인쇄 첨부

1[1].jpg

 

 Dr. が教えるアトピーケアの新常識 アトピー性皮膚炎のケアは、まずスキンケアから

POINT1「皮膚免疫」の問題


「皮膚免疫」の問題によるアトピー悪化プロセス

 

 

 


この問題を解決するには?

 

 


アトピー改善に必要なケア

 


ネイチャー誌に掲載された記事

 

Dr. が教えるアトピーケアの新常識 アトピー性皮膚炎のケアは、まずスキンケアから | アトピー性皮膚炎のスキンケア | アトピーを知ろう! あとぴナビJP

本論文では、黄色ブドウ球菌から出るデルタトキシンという毒素が、肥満細胞の脱顆粒の誘因因子であることが同定された。
肥満細胞には、かゆみの原因となるヒスタミンなどの炎症性メディエーター(橋渡し役)が貯蔵されており、これらが血中に放出されることを脱顆粒という。これまで、肥満細胞の脱顆粒は、IgE抗体を介したアレルギー反応によるものと考えられてきた。しかし、本論文において、黄色ブドウ球菌が放出する毒素によって直接肥満細胞の脱顆粒が起こることがわかった。
さらに、本論文では、次のような事実を示すデータも紹介されている。

● IgE抗体が関与することで脱顆粒は数倍増える。
● アレルゲン(抗原)がなくてもIgE抗体が存在するだけで脱顆粒が増える。
● 黄色ブドウ球菌がIL4(インターロイキン4=IgE抗体を増やす働きがある情報伝達物質)
を増やす。

黄色ブドウ球菌の感染がアトピー悪化に関係していた

アトピー性皮膚炎を発症、悪化させる要因として、アトピー性皮膚炎の9割以上の方に見られる黄色ブドウ球菌から出るデルタ毒素が関係していることが、昨年、英国ネイチャー誌の論文で発表されました(上記要約参照)。この論文についての詳細は、あとぴナビ2014年10月号「アトピーと感染症の最新研究」をごらんください。

ステロイドなどの薬剤がアトピー症状を悪化させている

アトピー性皮膚炎の症状が一度は改善した場合でも、季節的な要因や体調的な要因で、バリア機能が低下したときは要注意です。皮膚に常在している黄色ブドウ球菌から出るデルタ毒素がIgE抗体を作り出すことで、免疫機能が過剰反応を示すからです。IgE抗体が増えることによって、アレルギー的因子が増大すると、アトピー性皮膚炎を再度発症させることがあります。
ステロイドの外用剤やプロトピック軟膏など、免疫を抑制する薬剤を使用している場合も、黄色ブドウ球菌などの感染症が起こりやすくなり、アトピーの症状を悪化させることがあります。
このときやっかいなのは、使用している薬剤により炎症そのものは抑えられた状態にあることです。皮膚の状態は一見すると悪くないのですが、黄色ブドウ球菌がもたらす悪化の影響を受け続けている状態です。
こんな状態で、炎症を抑える働きをしていた薬剤の使用を中断すると、体内ではアレルギー的な因子が増えた状況にあるので、一気に症状が悪化してしまいます。この状態が、いわゆる離脱症状(リバウンド)です。

離脱症状を薬で抑えるのは危険

ステロイドなどの薬剤中断による症状の悪化(リバウンド)は、薬で抑えていたアトピー性皮膚炎の症状が悪化したことが原因であると、多くの皮膚科医師は考えています。したがって、離脱症状による症状悪化に対しても薬剤の再使用が必要ということになります。
もちろん、一時的に薬が必要となるケースがないわけではありませんが、薬剤を使用すると、どうしても長期にわたり症状悪化が続き、薬剤の強さのランクも上がっていくケースが多くなります。このようなケースにおいても、離脱症状を「単なるアトピー性皮膚炎の悪化」と捉えて薬剤治療を続けることには、大きな危険が伴います。
免疫を抑制する薬剤の副作用により、感染症が誘発されやすくなることは、周知の事実です。感染症がアトピー性皮膚炎を悪化させることは、科学的に証明されています。したがって、まずは感染症治療を主軸とする治療法が必要になると考えてよいでしょう。
皮膚のバリア機能が低下した状態の場合、病院で処方されるワセリンやクリーム、あるいは一般的なスキンケアアイテムでは不十分なことがあります。バリア機能を高める成分を配合したアイテムを上手に使用することも、考えていきましょう。

 


POINT 2「皮膚機能」の問題


「皮膚機能」の問題によるアトピー悪化プロセス

 

 

 

この問題を解決するには?

 

 

 


アトピー改善に必要なケア

 

 

 

Dr. が教えるアトピーケアの新常識 アトピー性皮膚炎のケアは、まずスキンケアから ページ 2 | アトピー性皮膚炎のスキンケア | アトピーを知ろう! あとぴナビJP

肌の乾燥が痒みを誘発する仕組み

アトピー性皮膚炎の方は、これまでの研究で、角質層に水分を保持させるための因子、セラミドやフィラグリンが健常な方と比べると不足していることが分かっています。
皮膚が乾燥すると、本来、真皮内にとどまっている痒みを知覚する神経線維が表皮の角質層内に侵入することが研究で分かっています。この痒みを知覚する神経線維が角質層内まで侵入することで、皮膚表面への外的な刺激が、直接、痒みとして感じられることもあります。
いったん、痒みを感じて掻き壊すと、そこで炎症が生じますから、今度は炎症に関わる免疫機能の働きにより次の痒みが作られ、連鎖的に痒みが広がることもあります。
しかし、角質層内まで伸びた痒みを知覚する神経線維は、角質層内が十分に潤った状態を維持すると、元の真皮内に戻っていくことも研究で明らかになっています。

アトピーケアのポイントは乾燥肌の解消

アトピー性皮膚炎以外のアレルギー的な要因がなく、乾燥肌でチクチクした痒みを感じる場合は、こうした痒みを知覚する神経線維が関わっているケースもあります。
また、角質層の水分保持が不十分な乾燥した肌は、バリア機能も低下した状態です。感染症の誘発だけでなく、外部から異物が侵入することでアレルギー反応が起きやすくなっています。
このように、皮膚が乾燥した状態であることは、アトピー悪化につながる複数のリスクを抱えた状態と言えます。バリア機能を高めたり、角質層に水分を補給することで、乾燥肌の解消を図ることが大切でしょう。

油分だけでは難しい肌の保水

ここで一つ注意したいのは、病院で処方される保湿剤の使い方です。ステロイド治療などでは、保湿剤としてワセリンが使われることが多いものです。ワセリンは、石油から作られた油分だけのオイルです。だから、角質層を覆うことはできても、角質層に水分を与えることはできません。
汗がしっかりかける状態の方ならば、汗である程度の水分を補給することができます。しかし、基本的に油分だけのスキンケアは、肌の乾燥の緩和にはあまり向いていないと言えるでしょう。

水分保持+油分でカバーがスキンケアの基本

乾燥肌に対するスキンケアを行う場合には、まずローションやジェルなど、水分を多く含むスキンケアアイテムで、角質層に十分な水分を与え、その上で皮膚から水分が蒸散することを防ぐため油分を含んだアイテムを塗る、といった二重のスキンケアを行うことが基本です。
最近は、角質層に対して、水分を保持させることを強化する成分や、角質層からの水分蒸散量を低下させる機能を持った成分が配合されたアイテムも出てきていますので、活用してもよいでしょう。

フィラグリンの量を増すことでアトピー性皮膚炎が改善することを世界で初めて証明

2013年 京都大学、チューリッヒ大学病院による研究

フィラグリンが多いと肌が潤いやすい

フィラグリンとは、皮膚の角質層において天然保湿因子(NMF)として機能するタンパク質。天然保湿因子の働きにより、フィラグリンが多い肌は潤いやすいと言えます。逆にフィラグリンが少ないと、角質層の水分量やアミノ酸の低下を招くので、肌の乾燥からくるかゆみや、バリア機能の低下につながります。

動物実験でアトピー性皮膚炎が改善

アトピー性皮膚炎の皮膚では、このフィラグリンが低下していると言われています。そこで「角質層内のフィラグリン量を増やすことができれば、アトピー性皮膚炎の症状も改善するのではないか」という着眼点から、今回の研究は行われています。
研究の結果、フィラグリンの発現を促進する「JTC801」という化合物が見つかりました。動物実験ですが、アトピー性皮膚炎の症状を改善することができる化合物が、世界で初めて発見されたことになります。

大切なのは自分の体で作り出すこと

研究が進み、フィラグリンを補うことが可能になれば、皮膚のバリア機能低下によるかゆみの緩和が期待できるでしょう。フィラグリン同様、皮膚のバリア機能を高める物質として重要なのがセラミドです。セラミドもアトピー性皮膚炎の皮膚には少ないことがわかっています。
フィラグリンにしろセラミドにしろ、本来は体内で作り出されるもの。自分の体で「作り出せるように」することが大切。化粧品などによる外からの「補給」では十分な効果をあげることは難しいと言われており、その補給方法も大切です。

グリチルリチン酸が配合されたアイテムに注意

ステロイド剤は人工的な副腎皮質ホルモン

アトピー性皮膚炎の治療で医師が処方するステロイド剤は、腎臓の上にある副腎から産生されるホルモンを合成した薬剤です。副腎からは本来、主に三つのホルモンが放出されています。
一つがステロイド剤に使われている「糖質コルチコイド」、これは主に糖類代謝に使われるホルモンです。そして、もう一つが「鉱質コルチコイド」。これは別名「塩類代謝ホルモン」と呼ばれ、体内では塩類の代謝に使われています。あと一つは性ホルモン(主に男性ホルモン)です。

グリチルリチン酸にはステロイド剤と似た働きがある

「天然成分が多く低刺激」などとうたわれる、アトピー肌・乾燥肌用スキンケア・アイテムの多くに、グリチルリチン酸(甘草)という成分が配合されていることをご存知ですか?
グリチルリチン酸は、副腎から産生される「鉱質コルチコイド」と類似した構造式を持つ成分です。したがって、糖質コルチコイド(ステロイド剤で使われているホルモン)と鉱質コルチコイド(グリチルリチン酸と似たホルモン)は、両方とも免疫抑制による抗炎症作用を持っています。

 

グリチルリチン酸で離脱症状が起こることもある

鉱質コルチコイドは、糖質コルチコイドほど強い免疫抑制作用は持っていません。それでも一定の炎症を抑える力はあります。
そのため、免疫を抑制することで生じるマイナス点が、ステロイド剤と同様に起きる可能性があります。実際、グリチルリチン酸が配合されたスキンケアアイテムやシャンプー、ボディソープなどを長期間使用して中断した場合、ステロイド剤の長期連用で生じるような離脱症状(リバウンド)が現れることがあります。
もちろん、そのリスクはステロイド剤ほど高くはありません。本来、グリチルリチン酸は高分子のため、健常な皮膚には吸収されにくく、効果ももたらさない代わりに副作用もありません。
しかし、アトピー性皮膚炎で皮膚に掻き傷などがある場合には、グリチルリチン酸入りのスキンケアアイテムなどを使用すると、低下したバリア機能を通ってしまうことで、痒みや炎症が緩和されるといった効果が得られます。その代わりに、免疫を抑制することで生じる副作用の影響も受けやすくなります。
使用しているアイテムに、グリチルリチン酸が配合されていないかは、一度、確認を行い、注意するようにしましょう。

 

 

 

 

?

  1. 아토피 피부염 가려움 증 관리, "목욕은 가능한 짧은 시간 안에 끝내고, 보습을 충분히"

    아토피 피부염 환자들이 가장 많이 호소하는 증상은 가려움증이다. 특히 날씨가 건조하면 피부 표면에 각질이 일어나고 가려움증이 더해져서 심하게 긁게 되며, 결과적으로 피부에 상처가 발생할 수 있다. 또 지속적으로 긁게 되면 피부가 점차 두꺼워지고 색...
    Category피부
    Read More
  2. 비염관리 포인트-실내환경 개선부터

    미세먼지 농도가 ‘나쁨’ 수준 이상인 날 공기 중에 포함된 세균이나 바이러스는 매우 위험하다. 특히 어린이는 코 점막이 조금만 부어도 알레르기 비염이나 축농증이 발생할 수 있기 때문에 각별히 주의해야 한다.   미세먼지는 입자 크기가 작아 코털과 기관...
    Category비염
    Read More
  3. 오염된 미세먼지가 만성 비염 유발…인과관계 첫 규명

    미세먼지가 만성 비염과 축농증을 직접적으로 유발하는 생물학적 과정이 확인, 관심을 모으고 있다.    4월 20일(현지시간) 미국 존스홉킨스의대 연구팀의 연구결과에 따르면, 생쥐 38마리를 두 그룹으로 나눠 각각 미세먼지(PM2.5)로 오염된 공기와 깨끗한 공...
    Category비염
    Read More
  4. 호흡기 질환인 천식과 비염, 당생물학적인 원리에 근거하여 설명, 그 치료적 대안 제시

    Science지 2001년 3월호 첫 서문에는 신데렐라의 마차가 등장한다. 이 서문에서는 탄수화물을 그늘에 가려진 신데렐라에 비유하고 있는데, 그 이유는 탄수화물이 인체에서 중요한 기능을 하는 것에 비해 아직 그 진가가 충분히 드러나지 못했기 때문이다. 이는...
    Category비염
    Read More
  5. 에어컨과 비염

    코는 흡입한 공기의 온도를 올리고, 습도를 올리고, 먼지를 제거하는 기능을 하는데 차고, 건조한 계절, 먼지 많은 계절에는 코에 일거리가 많아지면서 코 증상이 악화된다. 코는 사계절 중에서 온도 습도가 높은 여름을 가장 좋아한다. 여름의 고온다습한 공...
    Category비염
    Read More
  6. 비염과 천식-면역 체계를 바로 잡는 법

    천식과 비염 면역이 떨어지면 발생할 확률이 높아진다. 따라서 면역 체계를 바로 잡기 위해 인스턴트음식, 음주, 흡연 등은 멀리하는 것이 1차 급선문. 그리고 증상을 호전시키는데 도움되는 건강식품을 중심으로 식단으로 바꿔주는 것이 좋다. 그리고 몸에 무...
    Read More
  7. 을지대학교 을지병원 호흡기알레르기내과 김상훈 교수의 천식 바로알기

    천식에 대한 잘못된 상식과 치료법에 대한 을지대학교 을지병원 호흡기알레르기내과 김상훈 교수의 도움말. ◆잠 못 들게 만드는 기침, 환절기 감기? 천식? 천식은 전 세계 5~10%인구가 천식 환자로 추정될 만큼 소아와 성인 모두에게 매우 흔한 질병이다. 그러...
    Category천식
    Read More
  8. 20세 미만 초산 여성 천식 유병률 8.9%

    첫 출산 연령이 20 세 미만인 여성은 결혼 적령기 인 25 ~ 29 세에 첫 출산 한 여성보다 천식 위험이 2 배 가까이 높은 것으로 나타났다. 최지호 순천향대 부천 병원 이비인후과 교수, 조재훈 건국대 병원 이비인후과 교수, 황세환 부천 성모 병원 이비인후과 ...
    Category천식
    Read More
  9. 피부를 방어하는 핵심 기능의 단백질 필라그린(filaggrin) 결핍이 아토피성 피부염의 근본 원인

    영국 뉴캐슬 대학 의대 피부과 전문의 닉 레이놀즈 박사는 피부 세포 형성을 돕고 피부를 방어하는 핵심 기능을 지닌 단백질 필라 그린 (filaggrin) 결핍이 아토피 성 피부염의 근본 원인이라는 연구 결과를 발표했다고 일간 인디펜던스 인터넷 판과 메디컬 뉴...
    Category피부
    Read More
  10. 어린이 비염 치료를 원하면 면역력부터 키워야

    일교차가 큰시기에는 각종 질병이 발생하기 쉽다. 성인에 비해 몸이 약한 아이들이라면 말할 것도 없다. 이때 질병에 걸리기 쉬운 것은 일교차가 크면 면역력이 떨어지기 때문이다. 그 중 특히 감기에 걸리기 쉽다. 아이가 소아 감기 증상을 보일 때 처음 며칠...
    Category비염
    Read More
  11. 알레르기 비염 탈출

    미세먼지와 황사, 알레르기를 유발하는 꽃가루로 맘껏 숨쉬기 힘든 날이 잦다. 목구멍이 칼칼하고 가슴이 답답해지며 야외활동에 차질이 빚어지기 일쑤다. 알레르기 비염, 천식·만성폐쇄성폐질환(COPD) 등 만성 호흡기질환이 있다면 계절의 여왕 5월도 ...
    Category비염
    Read More
  12. 유·소아 비염 초기증상은 고열과 기침

    자녀가 고열과 기침을 한다면 부모들은 대부분 감기라고 생각한다. 하지만 고열, 기침 및 중이염 등의 증상이 잦거나 치료해도 잘 낫지 않고 오랜 기간 반복이 된다면 비염, 축농증(부비동염), 아데노이드비대증을 의심해 봐야 한다. 대부분 유아나 소아 호흡...
    Category비염
    Read More
  13. 박사가 가르쳐 주는 아토리 관리의 신 상식, 아토피 피부염의 관리는 우선 스킨케어로 부터 시작

    Dr. が教えるアトピーケアの新常識 アトピー性皮膚炎のケアは、まずスキンケアから function setHeight() { var headerH = document.getElementById('header').offsetHeight, footerH = document.getElementById('footer').offsetHeight, wrapperH = window....
    Category피부
    Read More
  14. 음식-약물 알레르기가 증가, 천식의 개인 맞춤 치료 '기대'

    천식 등 알레르기 질환자들이 줄고 있지만 발병 양상이 소아에서 성인까지 확대되고 있다. 대한천식알레르기학회는 소아의 10~15%, 노인의 10% 정도가 천식으로 고생하는 것으로 추정했다. 천식 등 알레르기질환의 원인은 매우 다양해 천식 치료의 기본은 악화...
    Category천식
    Read More
  15. 비타민D 결핍되면 피부습진 발생률 증가

    캐나다 연구팀 상관관계 부인 대규모 분석결과 공개 혈중 비타민D가 결핍되면 이런 피부습진이 발생할 위험성이 증가하는 것으로 알려져 왔다. 그러나 혈중 비타민D 수치를 높이더라도 피부습진 뿐 아니라 천식과 알레르기 반응의 핵심지표인자라 할 수 있는 ...
    Category피부
    Read More
  16. 소아청소년 꽃가루 알레르기비염 원인 '자작나무> 오리나무> 참나무'

    인하대병원 환경보건센터(센터장 임대현)는 최근 대한의학회가 발행하는 국제 학술지 'JKMS'에 지역별 소아청소년의 알레르기비염 원인물질을 규명한 연구결과를 발표했다고 29일 밝혔다. 환경부의 지원으로 수행된 이번 연구는 2010년부터 2015년까지...
    Category비염
    Read More
  17. 미세먼지와 알레르기 비염

    최근 공개된 2017년 세계경제포럼 평가에서 우리나라는 136개국 중 초미세먼지 지표 130위를 기록하며 최하위에 머물렀다. 또 환경부 대기질환통합센터 자료에 따르면 올해 1월부터 3월까지 서울의 미세먼지 농도 ‘나쁨’ 발생일수가 총 14일에 이...
    Category비염
    Read More
  18. No Image

    성인 아토피 환자 증가 2015년 36만968명

    최근 아토피 피부염을 앓는 성인 환자가 늘고 있다. 국민건강보험공단에 따르면 20~80대 성인 아토피 환자는 2010년 31만9052명에서 2015년 36만968명으로 5년 새 4만여 명가량 늘어난 것으로 나타났다. 성인 아토피 환자의 증가세는 잘못된 식습관, 스트레스...
    Category피부
    Read More
  19. 알레르기비염 원인 1위 집먼지진드기, 2위 꽃가루

    국내 소아청소년의 알레르기비염 유병률은 22%이며, 집먼지진드기가 가장 큰 원인으로 나타났다. 두번째는 꽃가루였다. 인하대병원 환경보건센터(센터장 임대현, 소아청소년과 교수)는 최근 2010년부터 2015년까지 전국 5개 지역 14,678명의 일반 소아청소년을...
    Category비염
    Read More
  20. 산림치유로 어린이 아토피·천식 개선

    건강나누리캠프 10월까지 운영…국립공원 12곳·의료기관 등 참여 서울신문과 환경부, 국립공원관리공단은 아토피피부염, 천식, 알레르기비염 등 어린이 환경성질환을 예방하고 치유하는 건강나누리캠프를 오는 10월까지 운영한다 건강나누리캠프...
    Category천식
    Read More
Board Pagination Prev 1 2 Next
/ 2
rhwlsghkcocndgus XE1.8.42 GARDEN1.1.8