?

단축키

Prev이전 문서

Next다음 문서

크게 작게 위로 아래로 댓글로 가기 인쇄 첨부
?

단축키

Prev이전 문서

Next다음 문서

크게 작게 위로 아래로 댓글로 가기 인쇄 첨부

Kids Aller1-1.jpg

 

食事アレルギー 1歳以下での抗生物質が引き起こしていたかも!?
http://news.ameba.jp/20160926-162/
        
今や医療に欠かせない抗生物質。しかし、ペニシリンが発見されたのは
1928年(※1)。まだ発見されてから100年もたっていない。今元気に
生活している90歳のおじいちゃんおばあちゃんが生まれたときに
抗生物質などなかったのである。
ペニシリンの発見から、一気にたくさんの抗生物質や抗菌薬が発見・開発され、
2015年は全世界で406億ドルもの販売額であったと言われている(※2)。
          
▼抗生物質の発見によって不治の病が治るようになった一方…
        
ペニシリンの発見以前には、不治の病と言われていた結核や、大流行した
ペストなどは抗生物質の登場によって今や怖い病気ではなくなっている。
しかし、抗生物質や抗菌剤は、使い勝手がいい反面、必要以上に使われることが
しばしば問題となり、薬が効かない薬剤耐性菌が非常に増えている。
また、薬剤耐性菌以外にも抗生物質による影響はたくさんあるようだ。
        
▼1歳未満の抗生剤投与歴が食事アレルギーの発症リスクになる
        
アメリカのサウスカロライナ薬科大学の研究チームが、「1歳までに抗生物質の
投与を受けた子どもは、食事アレルギーの発症を起こしやすい」という
研究結果を発表した。
この調査では、少なくとも1つの食事アレルギーを持っている子ども1,504人と、
持っていない子ども5,995人を比較検討し、抗生物質投与の影響を見ている。
それによると、抗生物質を1歳未満で投与された子どもは、投与を受けていない
子どもより食事アレルギーを発症するリスクが1.21倍高いという結果である。
これは抗生物質の処方回数に比例し、5回以上の処方を受けるとなんと
1.64倍にリスクが跳ね上がるという。最近では他にも、子どものころの
抗生物質の投与は肥満やぜんそくのリスクを増やすということもわ かっている。
        
▼抗生剤により腸内細菌叢が変化することが原因との説
        
抗生物質がどのような機序によって食事アレルギーを引き起こすのかは
不明ではあるが、おそらく腸内細菌叢の変化によるものではないかと
推測されている。
正常な腸内細菌と体が反応することで正常な免疫機能が生まれると
言われており、腸内に細菌のいない無菌マウスの研究により証明されている。
腸内細菌叢の変化により、免疫機能の異常が起こり、免疫が暴走して
アレルギーが発生してしまうのではないかという説が有力である(※3)。
医療において抗生物質は今や欠かせないものであり、低い乳児死亡率
(1歳未満の死亡率)を維持できる要因であるのも間違いないだろう。
ただし、薬にはリスクが伴い、特に子どものころの影響が大人になって
出て来ることもあると頭に入れて おいた方がいいだろう。
人間の成長のためには病気のリスクが多少あっても、菌とうまく付き合って
いくことが大切なのかもしれない。
---------------------------------------------------------------------------


記事にあるように抗生物質が腸内の細菌叢を乱すことで、免疫機能の異常を
引き起こし、食物アレルギーが発生するのではないか、と考えられて
いるようです。
抗生物質と食物アレルギーの相関関係は、日本でも研究が進められて
いるようですので、アレルギーを引き起こす原因は別にしても、何らかの
関係があることは確かでしょう。
そして、こうした細菌叢を「乱す」状況は腸内だけに限らず、皮膚においても
起こり得ます。
例えば、ステロイド剤やプロトピック軟膏は、免疫を 抑制する薬剤です。
皮膚表面における免疫機能を抑制する=皮膚の細菌叢を乱す、ということに
つながりますから、結果的に、黄色ブドウ球菌など、アトピー性皮膚炎に
とってやっかいな菌の増殖を促すきっかけになったり、それら
黄色ブドウ球菌が出すデルタ毒素により、体内のIgEを増強、
アトピー性皮膚炎発症の原因になることもあります。
また東欧の研究では、小児が馬糞などに接する環境で育つことで、
アトピー性皮膚炎やぜん息の発症率が大きく低下した、という研究が
ありますが、これも菌との有益な関係性を示すものと考えて良いでしょう。
記事の最後に書かれているように「人間の成長のためには病気のリスクが
多少あっても、菌とうまく付き合っていくことが大切 なのかもしれない。」
という部分は忘れないことが大切でしょう。

?

  1. 아토피 영유아, 특별한 피부염 관리요령

    아이들은 면역력이 약하기 때문에 아토피 피부염과 같은 면역 질환에 쉽게 노출된다. 실제로 지난 해 국민건강보험공단이 건강보험 빅데이터를 분석한 결과, 전체 아토피 피부염 환자(93만 3000명) 중 12세 이하 환자는 45만 4000명으로, 전체의 48.6%나 됐다....
    Read More
  2. 1세 미만 어린이에게 항생제 투여가 음식 알레르기의 발병 원인이 된다

    食事アレルギー 1歳以下での抗生物質が引き起こしていたかも!? http://news.ameba.jp/20160926-162/ 今や医療に欠かせない抗生物質。しかし、ペニシリンが発見されたのは 1928年(※1)。まだ発見されてから100年もたっていない。今元気に 生活している90歳の...
    Read More
  3. 유아 아토피, 아이의 자연 치유력을 높여주자

    아토피 피부염은 처음 발견된 이후 지금까지 발병 빈도가 꾸준히 증가해오고 있는 피부질환입니다. 현대에는 갓난아이들에게 나타나는 유아 아토피, 소아 아토피가 청소년기를 지나 어른이 되어도 발생하는 성인 아토피로도 번지는 증상이 뚜렷해지고 있습니다...
    Read More
  4. 6세 미만 소아 중 65% 이상이 환절기 호흡기 질환 앓아

    비염 환자 여름철 50 만명, 가을되면 100 만명 이상으로 늘어 대표적인 계절성 호흡기 질환 인 알레르기 성 비염의 경우 1 년을 통틀어 가을철에 환자가 가장 많이 발생한다. 건강 보험 심사 평가원의 지난해 통계에 따르면 여름철 50 만 명 수준을 맴돌던 알...
    Read More
  5. 유아 아토피(2~6세) 관리법

    인스턴트 식품, 밀가루 피하는 게 좋아 실내공기 건조는 관엽식물로 조절가능 피부가 얇고 면역력이 약한 유아 및 어린이들은 가려움증과 습진 등 아토피 증상이 보일 경우 빠른 시일 내에 병원에 방문해 치료받는 것이 중요하며 더욱 더 세심한 관리가 필요하...
    Read More
Board Pagination Prev 1 Next
/ 1
rhwlsghkcocndgus XE1.8.42 GARDEN1.1.8